いじめを苦に死亡した韓国芸能人は?

ブログライターkomichiです。

今回のテーマは、「いじめを苦に死亡した韓国芸能人は?」です。

悲しいかなときどき、韓国芸能人の誰かが若いのに亡くなったというニュースが流れてきます。

そんな記事を見るたびに胸が痛んでしまいます。

あまり詳しく調べたことはありませんでしたが、記事にするためにどんな韓国芸能人がいじめなどが理由で亡くなったのかまとめていきます!

韓国人の国民性は?

まずは、韓国人という存在についてどんな国民性があるのか見ていきましょう!

個人的にも韓国ドラマを数多く見てきて、次のような国民性があるのかなと感じています。

● 家族を大切にする

● 儒教の教えが強いので、まだ年配の男性の中には女性軽視な感覚を持った人がいる

● 美容整形を普通のことだと認識していて、日本のように悪いことといった印象が薄い

● 年上に対する言葉使いなど細かく気にしている

● 食事は箸はおかずを食べるときに使い、お米はスプーンで食べる

● なにかとイベントが好き、例えば恋人同士なら付き合い始めて100日目などの節目に男性から女性にプレゼントを贈ったり、ドラマなどを見ていると、なにかと家族が集っていたりします。

● 挨拶の代わりに握手をしたり、割り勘をしない

● 物事を早く早く進めようとする傾向が強い

● 食事をするときに音を立てて食べる

● 自分の意見をはっきりと主張したがる

● 気性が荒くすぐに大声をあげる、せっかちな人が多い

● 競争意識が強く、学歴社会でストレスが多い環境ですが、しっかりと勉強する

これらが韓国人の国民性であるといわれています。

御存知の通り、この国の首都はソウルです。

近年ものすごい勢いで街の開発がすすみ、非常に美しい街並みになっています。

私の知り合いにも韓国人がいますが、はっきりとものを言う態度にときどき驚いてしまいますけれど、そこがまた気持ち良くも感じられます。

愛嬌のある方も多く、何人だからこうだと言い切れないものがあることも確かです。

飲食業で働いている方が多く、接客にはなれた様子だったり、日本語をしっかりと話す姿を見ると、頑張って他の国で生きているのだなぁと感心させられます。

ちなみにこの国ではお酒のグラスは空にならないとついではいけないという文化もあるそうです。

日本の飲み会などで、グラスにまだビールが入っているのについでくれる人がいますけれど、空になってからのほうが美味しく飲めるので、この文化には賛成です!

日本統治時代は、1910年8月29日~1945年9月9日の35年間でした!

韓国芸能界の闇

多くの人が知っている通り、韓国芸能人たちがこの世界の中で犠牲になっているという報道も数多くあります。

いったいどんな闇があるのでしょうか?

まず、10代という早い時期からエージェントに選ばれた子たちは過酷な競争とレッスンを受け、プライバシーはほぼなく、睡眠時間も非常に少ないといわれています。

ジョンヒョンさんのような若手スターの多くは通常、10代半ばかそれよりも早い時期にエージェントに選ばれると、歌やダンスの過酷な訓練を受け、常に付きまとう激しい選抜を生き抜いていく。休暇はほとんどなく、多くはエージェントが用意した寮のようなアパートにバンドのメンバーと共に住み、プライバシーは手に入らないぜいたくとなる。バンドの音楽スタイルから食事の内容、携帯電話の使用に至るまですべてをエージェントに指示され、異性との交際はたいてい禁止だ。

とにかく今は自分の成功だけに目を向けてほしいという理由から、私生活の管理もかなり厳しくされているといわれています。

それだけでなく、女優などの女性は枕営業が当たり前だったり、薬物スキャンダルや異性問題でのトラブル、さらには給料の未払い、ネット上での誹謗中傷による執拗ないじめなど、驚くような話がどんどん出てきます!

他には、韓国人のサセンと呼ばれる過激なファンの存在も、この国の芸能人を悩ましている問題の一つだといわれていて、どこで調べてくるのか分かりませんが、なんども電話をかけてきたりと、ストレスが非常に強くかかるような状態になっているようです。

芸能人本人ではなく、家族の借金だとか詐欺などの騒ぎが頻繁に起こってしまったりもしていて、書いているだけでも非常に大変な世界だと感じられます。

さらには、2000年頃からこの国では、芸能人に完璧な容姿とダンス、歌唱力などを過度に求めるようになったといわれています。

さらに国民からは、人気スターには高い倫理観が求められていることなども、深い闇につながっていると考えられるようです!

※ 倫理観とは人として守る善悪や是非の判断や基準のこと、これらは立場の違いなどでも考え方が違うので、そこだけを強くこうであるべきてきに責められるとうつにもなりやすいでしょうし、辛くなる気持ちはよく理解できますね!

韓国芸能人でいじめを苦にして死亡した人は誰?

韓国の自殺率は1998年頃から急増していて、その後は2003年以降ほぼ最高の自殺率をキープしているといわれています。

それでは、いじめが原因となって自ら命を絶ち死亡した芸能人はどんな人がいるのかご紹介しましょう。

2019年10月14日に女優のソルリが自宅で自殺した姿で見つかりました!

どうやら、ネット上に書かれていた悪質な書き込みが原因でうつ病を患っていたといわれています。

この騒動の発端は、彼女がノーブラだと分かる画像をSNSにアップしたことなどが原因となったようです。

倫理観の強い国なので、非常にバッシングが強く罵詈雑言を受けていたといいます。

2019年11月24日にKARAのハラも死亡が確認されています。

こちらもいじめが原因となっていて、2018年9月に当時の交際相手に暴力容疑で訴えられ、それに対してハラはリベンジポルノで脅迫されていたと反論、これがきっかけで韓国国内で彼女に対する誹謗中傷の声があがりはじめ、ネット上での書き込みいじめがどんどん加速していったようです。

チェ・ジンシルもいじめなどが理由で死亡した韓国芸能人のひとりです。

なんでもネットの書き込みで非常に悩んでいたといわれています。

怖いなと感じるのは、弟も元旦那さんも自殺をしているという点です。

こういう情報を見ると、韓国の芸能界の闇が深いことが浮き彫りになります!!

日本で大ヒットしたドラマ「冬のソナタ」に出演し、日本でも大ブレイクをした俳優パク・ヨンハも2010年6月30日、32歳の若さで死亡しました。

理由はいろいろと取り沙汰されたのですが、次のものがあると考えられています。

☆ 父親が胃がんだったのでそのことに心を痛めていたのと、介護疲れでうつ気味だった

☆ 立ち上げた個人事務所がうまくいっていなかっった

☆ 親日派だということで、人気が低迷、さらにはネットでのバッシング

いじめだけが理由ではないようですが、自ら命を絶ったのは事実になります。

ほかには、性接待などの理由で命を絶った、韓国芸能人のチャン・ジャヨンは所属事務所の社長が逮捕される事件へと発展するほど韓国で大騒ぎになったのです。

まとめ

今回は、闇が深いといわれている韓国芸能人で自殺している人をまとめていきましたが、まだまだ書ききれないほど数多くいて、なんと20年で30人も自ら命を絶ったんだとか!

今回の記事をまとめると、どうやら韓国という国民性は非常に気性が激しくて、上下関係に厳しい、倫理観の強い面があり、芸能人にも高い倫理観を強く求めることなどや、アイドルに厳しい目を向けがちなところがあるため、バッシングが強く、それが執拗なものなので、ストレスで韓国芸能人の心が疲弊してしまい、死亡を選んでしまう傾向が高いということが分かりました!

日本の芸能人も闇があったり、三浦春馬や竹内結子なども自殺をしたりと、なにかとあることはありますが、どうやら、韓国はその割合が高いと考えられているようです。

今回は、「いじめを苦に死亡した韓国芸能人は?」というテーマでお届けしました。