24時間テレビ歴代ドラマ視聴率一覧

               

芸能ブログライターのkomichiです。

今回は、現在話題となっている「24時間テレビ歴代ドラマ視聴率一覧」です。

毎年話題となる24時間テレビのドラマ、視聴率なども注目され盛り上がりを見せていますが、2017年は一体どんな内容のドラマが放送されるのでしょうか?

この記事では、夏の定番24時間テレビの歴代ドラマ視聴率一覧などもご紹介していきますが、まずは2017年に放送されるドラマはどんな内容なのかチェックしていきましょう!

ちなみに、2017年の24時間テレビの放送日は8月26日(土)~27日(日)になります!

2017年!24時間テレビどのドラマあらすじとキャストは?

それでは、早速2017年の24時間テレビのドラマについてご紹介していきましょう!

今回は、6月23日に発表された主演亀梨和也で贈る、なんと24時間テレビ初の試みであるドラマを制作することとなっています!

24時間テレビ2017告白~勇気を出して伝えよう~で、ドラマのタイトルは「時代をつくった男阿久悠物語」です。

今回初の試みで、著名人の生涯をドラマ化することが決定、歴代の24時間ドラマを振り返ってもなかったチャレンジを、日本テレビはやってくれるようです!

今回、24時間テレビの歴代ドラマの一つとなることが決定した物語の主人公である阿久悠とは一体どんな方なのでしょうか?

あらすじやキャストを観ていく前に、主人公となる方のプロフィールをご紹介していきましょう!

2007年8月1日に尿管癌でこの世を去っていますが、日本を代表する作詞家として大変有名な方です。

昭和の時代の歌謡曲の世界を牽引した人物と表現しても過言ではない、多くの賞も受賞しているまさに偉大な人物なのです!

2017年は、没後10年という節目になります。

阿久悠がヒット曲を連発していた1970年代の絶頂期を中心に24時間テレビでドラマを描いていくということで、80年代に入り、日本がバブル経済で浮かれている中ヒット曲を生み出せずに苦しむ姿や、最後のヒット曲「時代遅れ」を生み出すまでの時期を描いていく作品となるようです!

阿久悠は、伝説のオーディション番組「スター誕生」を企画、自ら審査員として参加し、生涯作詞した数は5000曲で、34~43歳の間に5人の歌手で5回も日本レコード大賞を受賞したのです。

シングルの総売上枚数は、なんと歴代1位で6818万枚、放送業界&音楽協会への貢献が認められ1997年60歳のときに「菊池寛賞」、1999年62歳のときに「紫綬褒章」を受賞!

業界への貢献度はかなりのものだったのです。

阿久悠はペンネームで、本名は「深田公之」、元々は広告代理店に入社しコピーライターやCM制作を手がけていましたが、1964年から放送作家としても活躍を始め、1966年に広告代理店「宣弘社」を退職、放送作家、作詞家として活動をはじめました。

処女作は、28歳のときにザ・スパイダースのB面「モンキー・ダンス」、以後ヒット曲を連発していきます!

ピンク・レディーや和田アキ子、西田敏行、岩崎宏美、八代亜紀、山本リンダ、フィンガー5、ウルトラマン、宇宙戦艦ヤマト、デビルマンの歌など、日本人なら誰もが知っていると感じられる作品に関わり、時代を作り上げてきたのです!

ちなみに、阿久悠とは「悪友」からとった名前で、秋元康や松本隆などの次の世代の作詞家が登場し、苦戦を強いられるようになった後、作家としてデビューし小説を書いて直木賞候補となり映画化もされた「瀬戸内少年野球団」なども手掛けたまさに天才です!

1982年になると「殺人狂時代ユリエ」という作品で、第2回横溝正史ミステリー大賞を受賞、その後も作品を生み出し続けていきました。

このように、日本の放送業界、音楽業界、さらには出版業界にまで影響を与えてきた人物を、2017年の24時間テレビではドラマ化することになりました。

輝かしい経歴の陰で苦悩した阿久悠の人生を、ドラマとしてまとめていくことで、歌謡曲が輝いていた時代の背景を多くの人が知ることになり、また新しい世界観が広がっていくことになるのではないでしょうか?

今回、24時間テレビが制作を発表したドラマは、なんと阿久悠の未発表の詞にオリジナルの曲を付けて、24時間テレビ放送当日に、なんと武道館で披露されるというサプライズな演出も行われることが分かっています!

作曲をするのは、音楽プロデューサーのつんくになるということです!

時代を牽引した人物の人生を演じることになった亀梨和也は、次のような言葉で今回の役への意気込みを語っています!

「本当にこのお話を頂いたととき、どうするべきなのかと話していくうちに阿久さんが歩まれてきた道筋、時代の熱さ、魂をしっかりとドラマとして作っていこうと、そこを一番大切に思っていれば(いいと)。阿久さんの勉強をさせて頂いて、音楽ってこの時代はテレビからスピーカーから聞こえてくる曲をみんなで聞いていた。そういったメッセージ、思いを強く持たれていた方なので、そこの気持ちをこのドラマを通じて今の時代に伝えていけたらと思います。」

2017年で31歳となっている亀梨和也が、24時間テレビのドラマで初の試みとなる著名人の半生を描くというドラマをどう演じて作り上げていくか、見る側にとっても楽しみな作品になるのではないかと思われます!

それでは、キャストをご紹介していきましょう!

● 阿久悠・・・亀梨和也
主人公で、淡路島出身の作詞家、作家

● 深田雄子・・・松下奈緒
主人公の妻で、誰からも認められなかった頃から夫を支え続けてきた女性

● 上村一夫・・・田中圭
阿久悠とは対称的な性格だが生涯の親友だった広告代理店時代の同僚で、昭和の絵師と呼ばれた漫画家

● 吉金章・・・和田正人
スター誕生のディレクター

● 都倉俊一・・・加藤シゲアキ
作曲家でスター誕生の審査員、阿久悠とコンビを組んで数々のヒット曲を世の中に送り出した人物
● 池沢文男・・・矢嶋智人
スター誕生のプロデューサー

なんだかかなり大掛かりなドラマ制作になるという感じがする2017年の24時間テレビドラマ、昭和の偉大な人物がどんな風に表現されているのか、楽しみですね!

24時間テレビの歴代ドラマ視聴率一覧

ここからは、24時間テレビが、これまで歴代でドラマ制作をしてきた視聴率一覧をご紹介していきましょう!

1980年から放送され始めた24時間テレビのドラマ、数々の感動をお茶の間に届けてきましたが、歴代の視聴率一覧は次のとおりです。

第1位・・・2005年 主演阿部寛  「小さな運転士 最後の夢」視聴率26・6%

第2位・・・1997年 主演堂本光一 「勇気ということ」    視聴率26・3%

第3位・・・2003年 主演松本潤  「みゅうの足パパにあげる」視聴率25・6%

第4位・・・2001年 主演安倍なつみ「最後の夏休み」視聴率24.7%
第5位・・・2012年 主演二宮和也 「車椅子で僕は空を飛ぶ」視聴率23・8%
第6位・・・2013年 主演大野智  「今日の日はさようなら」視聴率23・4%
第7位・・・2003年 主演長瀬智也 「ふたり 私たちが選んだ道」視聴率23・3%
第7位・・・2007年 主演滝沢秀明 「君がくれた夏~がんばれば、幸せになれるよ~」視聴率23・3%
第9位・・・2006年 主演亀梨和也 「ユウキ」視聴率22.7%
第10位・・2011年  主演村上信五 「生きてるだけでなんくるないさ」視聴率22.2%

歴代のドラマ視聴率一覧、10位までをご紹介しました!

こうやって歴代を見ていくと、視聴率を取れているのはやはりジャニーズが多く、下町ロケットというドラマが大ヒットした阿部寛など実力派もしっかりと視聴率一覧の中に入っています!

これまで、いわゆる病気や障害などを抱えた人物に焦点を当てて歴代のドラマなどを作ってきましたが、今回、新しい試みとして、視聴率一覧などで描いてこなかった著名人の人生にスポットを当てて制作される24時間テレビのドラマ、どんな視聴率になるか、一覧にある作品を越えていくのかどうかも気になるところです!

暑い夏、夏休みも終わりかけの時期に毎年放送される24時間テレビですが、今回もドラマへの関心度は高いようですので、歴代のドラマと比べて、視聴率一覧以上の数字がはじき出されるのかどうか、放送終了後まで分かりませんが、個人的にも楽しみにしています!

24時間テレビの観覧募集要項

ここからは、毎年武道館で行われる24時間テレビの、観覧についての募集要項はどうなっているのかご紹介しておきます。

残念ながら、この記事をまとめている時点で、すでに2017年の観覧募集要項は終了していますが、毎年募集されていて、観覧席には応募して当選した人のみが招待されることになっていますから、来年出かけてみようと考えている方へ、どのように応募すればいいのかをシェアしておきます!

一般枠の応募時期は、毎年6月下旬に行われていて、締切は7月下旬になります。

当選、落選に関しては、招待状が送られてきたかどうかで分かります。

時期は8月中旬頃になるようで、招待状が届けば当選、届かなければ落選になります。

会場となる武道館の収容人数は、1Fスタンド3199席、2Fスタンド7846席 立ち見480席、合計11525席になりますが、すべての席を使用するかどうかは分かりませんので、倍率はかなり高いようです。

応募方法ですが、はがきで申し込みをします!

観覧希望人数は一枚で4人までで、重複応募は厳禁、はがきの記載事項は次のものになります。

代表者の名前と住所、同行者の名前と住所、観覧希望日、車椅子を利用する場合は、使用者名&台数を明記します。

ジャニーズのファンクラブ枠からも応募でき、これはFC枠と呼ばれていて、募集期間が短く応募も当選もメールでのやりとりになります!

この当選メールも、かなり放送日が近くなってから送られてくるようですから、見逃さないようにこまめにメールチェックをされたほうが安心です。

そして、当選した後、観覧時間は次のような状況です。

● 一日目・・・午後6:30~9:00
● 二日目・・・午前7:00~午後9:00

食事などは自宅などから持参して持っていくほうが良いようです、以前は途中で外に出て買い物をしたりして、再入場することが出来なかったのですが、近年出来るようになったようです!

空調がきいているので、薄い上着などを持参しておいたほうが寒さ対策になりますが、荷物は出来るだけ少なめのほうが良いようです!

当選のコツですが、はがきが目立つようにイラストを書いたり、色を使って目立たせると良いとも言われています。

2017年も、24時間テレビが始まりますが、毎年注目をされているドラマは、今回歴代の視聴率一覧などでご紹介したような内容のものではなく、阿久悠という作詞家の人生を表現した内容になるということで、変わった試みとして始めて行うようですが、当たるのか、視聴率が伸びるのかどうかは終わったあとのお楽しみです!

武道館の入場券が当選した方は、亡くなった阿久悠の残した未発表の詞に曲を付けてこの日武道館で生披露されるそうですから、楽しみなことがまたひとつ足してもらえて良かったですね!

今回は、24時間テレビの2017年のドラマのあらすじやキャスト、歴代の視聴率一覧などの情報をまとめてシェアシていきました!