写真で見る!芸能人の体型ビフォー・アフター10選

               

芸能ブログライターのkomichiです。

今回は、現在話題となっている「写真で見る!芸能人の体型ビフォー・アフター10選」です。

芸能人として人前に立っている人たちは、写真などで体型をチェックされる立場にもあり、ビフォー・アフターなどで騒がれたり、太った痩せたといちいち話題になってしまいます!

今回の記事では、そんな、何かと人の目が気になる芸能人の体型のビフォー・アフターを、写真で見比べるという記事をまとめていきます!

深田恭子のビフォー・アフター

まずは、30代に入ったのに、魅力がさらに増したといわれる深田恭子の体型ビフォー・アフターからご紹介していきましょう!

簡単に彼女のプロフィールもご紹介!

1982年11月2日生まれの34歳(2017年で35歳)、東京都北区出身で華原朋美にあこがれて、ホリプロスカウトキャラバンの第21回に応募し、2万人の中から選ばれてグランプリとなり芸能界デビューをしました!

その後の活躍は多くの方がご存知の通りです。

デビュー後、男性から人気の高いタレント&女優として活躍をしてきた深田恭子は、体型維持に失敗、何度か太ったり痩せたりを繰り返しながら、一時期は体型があまりにも女優として駄目という意味で、深キョンという愛称をもじられて、「デブキョン」と呼ばれていたときもあるほど、残念な姿となったときもあったのです!

華奢ではない体型のため、写真で見るとかなり「ごつい」という印象を受けた人もいて、衝撃を受けたファンも多かったと言われています!

まずは、芸能人として活躍をしている深田恭子の体型ビフォー・アフターを写真で見比べていきましょう!

太ったときの様子です!

御覧頂いたとおり、かなり二の腕にも脂肪がついていて、基本的にここにこれだけのお肉がつくということは、お腹回りもかなりやばいことになっていると思って間違いないのです。

彼女の身長は163cmですから、BMIで調べると標準体重は58・5kgですが、芸能人として活躍している深田恭子の体型を考えると、美容体重なら51.8kgになりますから、BMIで調べる体型の体重ではかなり多いという話しになります!

10代の頃から体重の増減を繰り返してきた深田恭子、彼女は芸能人として仕事をしながら、何度もダイエットを行い、写真で見ても大丈夫なほど体型を整えることに30代の現在成功しています!

34歳となった彼女のビフォー・アフターの写真を、ここからご紹介していきましょう!

すっきりとした体型になっただけではなく、写真を見ると顔もほっそりとして、もともと可愛らしい顔立ちがさらに際立っているのがよく分かります!

あっという間に34歳になった深田恭子の体型ビフォー・アフターの写真、かなりのギャップに驚きますが、やはりすっきりと痩せて芸能人として活躍をしている姿のほうが個人的には素敵だなと感じますが、あなたはビフォー・アフターを見て、どちらの姿が芸能人としていいなと感じますか?

ダレノガレ明美のビフォー・アフター

次は、運動を取り入れ、常に体型維持を心がけているダレノガレ明美のビフォー・アフターの写真をご紹介していきますが、その前に簡単に彼女はどんな人物なのかをシェアしていきましょう!

1990年7月16日生まれの26歳、ブラジルのサンパウロ生まれで父親は日系ブラジル人、母親はイタリア人で、幼い頃に両親が離婚、実父には虐待を受けていたことを告白していて兄と姉がいます。

彼女が3歳のときに母親が再婚、7歳の頃からモデルになりたいと考えていましたが、高校卒業後は歯科助手やアパレル業界などで働いていましたが、失恋をきっかけに芸能人となることを決意し現在の活躍につながっています!

学生時代はソフトボール部で活躍をしていたそうですが、当時はかなり体型が大きく、中学生時代は身長が159cmで、なんと体重は60kgもあり、いわゆる「ドカベン体型」だったと本人が暴露しています!

しかも、体重のピークはなんと68kg、まだ中学生でしたからそれでも子供らしいと微笑ましく見ることも出来ますが、現在芸能人として活躍をしているので、さすがに写真で見てビフォー・アフターの姿がこの体重では仕事になりません(汗)。

もともとハーフなので、体格がごっついのが悩みだったというダレノガレ明美は、芸能人となった後も、太った時期がありましたので、まずはそちらのビフォー・アフターの写真をご覧ください。

まずは太った体型だった頃の写真です。

確かに外人体型ですから太るとごっつく見えてしまいます!

こちらはすっきりと痩せたダレノガレ明美になります!

2015年9月4日のブログ記事にアップされた写真です。

痩せ過ぎかなという体型にも見えますが、芸能人なのでこれくらいが美容的には良いのかもしれません。

彼女の身長は164cm、BMIで見る標準体重は59.2kg、美容体重なら52.4kgになりますので、このビフォー・アフターで見ると痩せた状態で体重が44kgと言われていますので、いわゆる一般的な美容体重に比べて8kgも痩せているという話しになります!

ジュニアフードマイスターの資格も取得し、食べ方を覚えたことや、運動を取り入れたり努力した結果、体型維持が出来るようになったことは有名な話しです!

20代で体型をどうやって維持していくかを芸能人としてしっかりと理解し実行出来ていることで、写真でビフォー・アフターが驚かれるような状態にはならなくなったようです!

今後この良い習慣を続けていきながら、仕事にも邁進していって頂ければと思います。

鈴木亮平のビフォー・アフター

次の芸能人の体型ビフォー・アフターは、役柄に合わせて自在に体型を変えていくことで知られている俳優の鈴木亮平です!

1983年3月29日生まれの34歳、兵庫県西宮市出身で、身長が高く186cmもあります。

この身長でBMIの標準体重を割り出すと76.1kgになり、美容体重なら60kg、役柄に合わせて、例えばドラマ「天皇の料理番」で主人公の兄の病弱な男性を演じるために体型を絞りに絞り、なんと20kgも落とし芸能人としてのプロ根性を見せたことでも有名な人物ですが、その後「俺物語」では、巨漢を演じるために30kgも体重を増やし体型だけでなく見た目もかなり変えたことで、ビフォー・アフターがすごいと話題となりました!

まずは、痩せ過ぎた体型だった天皇の料理番の頃の鈴木亮平の写真をどうぞ!

ここまで体型を絞り込むと、まだ30代の男性でも、まるで60~70代の初老の男性に見えてしまいます。

ビフォー・アフターで、がつんと太ったときの鈴木亮平の写真はこちらです!

まさに、芸能人としてのプロ根性がはっきりと分かるビフォー・アフターの写真です!

体にわるいと思うので、出来ればこのような極端な体重の増減はしないほうが良いと個人的には思いますが、芸能人としてのプロ根性には頭が下がります。

宮沢りえのビフォー・アフター

拒食症の芸能人として有名でもあった宮沢りえ、彼女の体型の変化はどんなビフォー・アフターになっているのでしょうか?

1973年4月6日生まれの44歳、東京都練馬区出身で母親が日本人、父親はオランダ人のハーフです!

彼女の身長は167cm、BMIでの標準体重は61.4kg、美容体重なら50kg、10代のときの水着写真をご覧ください!

10代の女の子らしいふっくらとしたハリのある皮膚をしている体型になります!

ビフォー・アフターの激ヤセはこちらの写真になります!

芸能人としてあまりにも激ヤセ姿がすごかったことから、一時期は活動を休止していた時期もありますが、その後女児に恵まれて無事出産もしていますので、健康に問題があるということはないようです!

こちらのビフォー・アフター写真は、2017年現在の姿になります!

芸能人オーラが全開で、とてもきれいだなと感じられます!

ペコのビフォー・アフター

次は、まさかの21歳での結婚を決めたペコ、彼女の本名は比嘉哲子(ひがてつこ)で、1995年6月30日生まれ、大阪堺市出身で、もともとは漫才コンビ「つぼみ」を結成していて芸人として活動を始めたのですが、その後読者モデルへ転身、原宿の神と称されて、彼女の影響を強く受けた女性たちのことを、ペコガールと呼んでいます!

りゅうちぇるとともにテレビに出演するようになり、話題となった二人は、それ以後「ペコ&りゅうちぇる」として活躍をしてきました。

二人が付き合っていることは公表されていましたが、まさかこんなに早く結婚してしまうとは驚きました!

そんなペコのビフォー・アフター写真をまずはご紹介していきましょう!

まずは体型が太っていたときの写真です!

かなり迫力のある姿ですが、かなり体型が膨らんでいます。

ビフォー・アフターの痩せたペコはこちら!

上の体型が太っていたときの写真と比べると、かなりほっそりとした体に変化しました!

なんでも、りゅうちぇるとともにおバカキャラを演じていたことで、かなりのストレスとなり激太りをしてしまった過去をバラエティー番組などで暴露したといいます!

お金持ちのお嬢様としても、セレブな読モとしても知られていますが、まだまだ21歳ですから、体型に関しては今後どんどん変化していくでしょうし、女性の場合、すでに10代前半で基礎代謝はピークなので、今後運動や食事管理などを取り入れていかないと、付け焼き刃のダイエットばかりでは痩せにくい体になってしまいます。

ちなみに、ペコの身長は158cm、BMIで標準体重を見ると54.9kgになっていて、美容体重は45kgになりますから、仮に痩せている写真が美容体重くらいだったとしたら、10kgも太っていたのなら55kgはあったということですから、相当体型が変化したことになります。

ビフォー・アフターで写真を見比べても、読モとして活躍をするのなら、芸能人としてはちょっと困った体型であることは確かです!

坂口杏里のビフォー・アフター

次は、2017年4月19日に、知人のホストに、「ホテルで撮影した写真をばらまく」と脅迫し、3万円を脅し取ろうとしたとして警察官に逮捕されたと報道された、2世芸能人としても有名な坂口杏里の体型のビフォー・アフターをご紹介していきましょう。

一時期、母親が亡くなったことで摂食障害疑惑も出るほど激やせをしたことも注目されましたが、彼女のビフォー・アフターはどんな違いがあるのでしょうか?

まずはプロフィールから、1991年3月3日生まれの26歳、御存知の通り母親は女優として有名だった坂口良子で、兄が一人います。

実父は元不動産会社社長で、継父はプロゴルファーの尾崎健夫、もともとモーニング娘に憧れて芸能人になろうと決意、2008年から活動をはじめました。

2016年3月末で以前の事務所を退社後、芸名をANRIに変えてAV女優へ転身、その後はいい噂を一切聞かなくなったのですが、逮捕までされてしまいました。

そんな坂口杏里の体型ビフォー・アフターをご紹介していきましょう。

この二の腕ですから、相当体型が大きくなった状態だと思われますが、ビフォー・アフターの激やせはこちらの写真になります!

この変化はすごいですが、激やせしすぎなのが心配です。

彼女の身長は168cmですから、BMIで調べた標準体重は62・1kg、美容体重は45kgになりますので、どちらのビフォー・アフター写真にしても、太りすぎ&激やせすぎでバランスがあまり良くないことが一目瞭然で分かります!

私生活でも仕事でも、ここのところ何かと大変な状況のようですが、めげずに生き抜いて頂きたいなと個人的には思います。

ブラット・ピットのビフォー・アフター

海外の芸能人の体型ビフォー・アフターもご紹介しましょう。

ブラット・ピットは、アンジェリーナ・ジョリーと離婚後激やせをしたことでも有名です!

1963年12月18日生まれの53歳、アメリカ合衆国オクラホマ州シャウニー出身です。

父はトラック会社の経営者で、母親は高等学校のカウンセラーをやっています!

弟が2人いるブラット・ピットは、高校卒業後はミズリー大学コロンビア校に入学し、広告中心のジャーナリズムを専攻、俳優になることを決意し学位を取得する2週間前に大学を中退し、手持ち金325ドルを手に持ってロサンゼルスに向かい、現在までの活躍をしてきました。

ちなみに、2017年4月22日(14:00)に、325ドルは日本円でいくらか調べたら35,326円でした!

そんなブラット・ピットの体型ビフォー・アフターの写真はこちら!

まずは、美しかった若かりし頃の素敵な写真をご覧ください!

ため息が出るほど美しいブラット・ピット、芸能人オーラ全開ですが、この後のビフォー・アフターの体型変化は驚きです!

まずは激太り!

まるで別人ですが、こちらは離婚して最近激やせと話題になったブラット・ピットです!

体型だけでなく、容姿の変化に驚きますが、ファイトクラブという映画の頃の、筋肉質でかっこいい体型だったときの写真もご紹介しましょう!

惚れ惚れする体型ですが、これほど幅広くビフォー・アフターしている方も珍しいかもしれません。

ちなみに、身長は180cmなので、BMIでの標準体重は71・3kgで、美容体重は70kgになります。

アンジェリーナ・ジョリーのビフォー・アフター

次は、ブラット・ピットの元妻でもあるアンジェリーナ・ジョリー。

1975年6月4日生まれの41歳、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス出身で、父親はスロバキア&ドイツ系アメリカ人で俳優のジョン・ヴォイト、母親はフランス系カナダ人&イロコイ族の血をひいている女優のミシェリーヌ・ベルトランです。

14歳でヨーロッパとアメリカを拠点としてモデルを始め、いくつかのミュージックビデオなどにも出演し1995年、映画「サイバーネット」で初主演をつとめニューヨーク・タイムズで存在感と演技力を絶賛されました!

3度の結婚をしていますが、2016年にブラット・ピットと3度目の離婚をしています。

恋多き女と呼ばれ、10代の頃は自殺願望が大きかったという彼女の体型ビフォー・アフターの写真をまずはご紹介していきましょう!

まず、かっこいい体型だった頃の写真です!

個人的にも憧れたトゥームレイダーのときの様子ですが、かっこよかったんです!

その後激やせをしていきます!

この元夫婦の二人のビフォー・アフターは衝撃的でもあります!

アンジェリーナ・ジョリーの身長は170cmですから63・6kgがBMIでの標準体重になり、美容体重は50kgになります!

激やせの写真を見ると、芸能人オーラも見えないくらい痩せ過ぎています。

人間はやはり適正体重というものがあるのだなと、このような芸能人のビフォー・アフター写真を見ると気付かされます。

有村架純のビフォー・アフター

次は、有村架純のビフォー・アフター!

1993年2月13日生まれの24歳、兵庫県伊丹市出身で、2009年12月にFLaMmeのオーディションを受けて合格したことが芸能人になったきっかけです!

上京して2年目の19歳のときに、知り合いの女性カメラマンに「覚悟が足りないんじゃないの」と指摘されたことが図星だったことから、心を改め、現在の芸能人としての活躍につなげる努力をしてきました!

その努力は実り、2017年現在大人気女優として活躍をしています。

なんでも、2017年4月3日から始まったNHKの連続ドラマ小説「ひよっこ」に出演するために、有村架純は5kgも太ったそうです!

ビフォー・アフターの写真をご紹介しましょう!

まずは、普通の体型のときの写真です。

すっきりとした女性らしい姿ですが、これがどのように変化したのか?

顔のえらが張っているので、太るとかなり顔が広がる感じに見えます!

仕事で芸能人としてリアルな芝居をするために太ったので、彼女もプロ根性があります!

有村架純の身長は160cm、標準体重は56・3kg、美容体重は50kgです!

春日俊彰のビフォー・アフター

最後は、お笑い芸人だったと思ったら、いつの間にか肩書が多くなっている春日俊彰です!

芸人以外、次のような肩書が付いています。

● ボディービルダー
● 元K-1選手
● フィンスイミング選手
● レスリング選手

1979年2月9日生まれの38歳、埼玉県所沢市出身で、オードリーというコンビを組んで芸人をやりつつ、体作りに励んでいます!

もともとはテレビプロデューサーを志していたのですが、現在の相方である若林正恭に誘われたことで芸人の道へと入っていきました!

インテリ芸人としても知られていて、ケチではなくお金を使わないで生きることが好き、これは祖父の影響で、なんでも、「お金で物を買って金で解決をするのではなく、自分の力で工夫して解決しなさい」という教えを守っているんだとか!

それでは、肉体派の芸能人ですが、体型のビフォー・アフターはどうなっているのでしょうか?

まずは普通の体型からどうぞ!

そして、ボディービルダーとなってかっこいい体型を手に入れた春日俊彰の写真で、これがどのようなビフォー・アフターになっているのか見ていきましょう!

まるで別人!

さらに芸人に見えないという、まさかの芸能人でもモデル?

と勘違いしてしまいそうな体型へとシフトしていきました!

こちらはボディービルダーのコンテスト舞台の様子です!

芸人ですから、こんな様子も見せていますが、よく頑張って体型を変化させたと思います。

ボディービルダーは筋肉を作ってさらに絞り込むという究極の体作りのプロでもありますから、コンテストに出場するためにはポージングの練習も必要ですが、しっかりと絞り込むということが大事なポイントになります。

頭の良い方なので、理論もすぐに理解して体型を作り変えていったのだと思われます、さすがです!

春日俊彰の身長は176cm、標準体重は68.1kg、美容体重は50kgになります。

ボディービルダーの体を作るのなら、これらの数字はあまり意味がありません、あくまでも一つの目安だと思って情報を受け取ってください。

今回は、写真で見る芸能人の体型のビフォー・アフター10選をお届けしました!