[最新]2017年のドラマ視聴率ランキング一覧

芸能ブログライターのkomichiです。

今回は、現在話題となっている「[最新]2017年のドラマ視聴率ランキング一覧」です。

毎年ドラマが作られ、放送され、そして視聴率が騒がれますが、今回の記事では、2017年のドラマ視聴率ランキングについての情報をまとめてシェアしていきます。

2017年最新ドラマ視聴率ランキング

まずは、2017年上期のドラマ視聴率を見ていく前に、一体どんなドラマが放送されていたのかを振り返っていきましょう。

2017年1月~3月期

月曜日・・・突然ですが明日結婚します(フジテレビ)
火曜日・・・嘘の戦争(フジテレビ)
      カルテット(TBS)
水曜日・・・東京タラレバ娘(日本テレビ)
木曜日・・・就活家族~きっと、うまくいく~(テレビ朝日)
      嫌われる勇気(フジテレビ)
      増山超能力師事務所(日本テレビ)
金曜日・・・三匹のおっさん3~正義の味方、みたび!!~(テレビ東京)  
      下克上受験(TBS)
      奪い愛、冬(テレビ朝日)
土曜日・・・精霊の守り人Ⅱ悲しき破壊神2期(NHK)
      スーパーサラリーマン左江内氏さえないーし(日本テレビ)
日曜日・・・A LIFE~愛しき人~(TBS)
      大貧乏(フジテレビ)
      視覚探偵日暮旅人(日本テレビ)

2017年4月~6月期

月曜日・・・探偵貴族(フジテレビ)
火曜日・・・CROSIS~公安起動捜査隊特捜班~(フジテレビ)
      あなたのことはそれほど(TBS)
水曜日・・・警視庁捜査一課9係(テレビ朝日)
      母になる(日本テレビ)
木曜日・・・警視庁捜査一課長~ヒラから成り上がった最強の刑事!~2期(テレビ朝日)
      緊急取調室(テレビ朝日)
      人は見た目が100パーセント(フジテレビ)
      恋がヘタでも生きてます(日本テレビ)
金曜日・・・釣りバカ日誌~season2~新米社員浜崎伝助~2期(テレビ東京)
      ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~(NHK総合)
      リバース(TBS)
      女因セブン(テレビ朝日)
土曜日・・・4号警備(NHK総合)
      ボク、運命の人です(日本テレビ)
日曜日・・・小さな巨人(TBS)
      櫻子さんの足元には死体が埋まっている(フジテレビ)
      フランケンシュタインの恋(日本テレビ)

2017年の前半の4月から放送されているドラマ視聴率を見る前に、どんなドラマをやっているのか見ていくと、警察関係の物語があまりにも多いことに驚きます!

まさに重なりすぎとツッコミを入れたくなるほど、そのネタでゴリ押しですかと言いたくなります。

それでは、2017年前半のドラマ視聴率ランキングをご紹介していきましょう。

1位・・・A LIFE~愛しき人~ 平均視聴率14・5%
2位・・・東京タラレバ娘 11・4%
3位・・・嘘の戦争 11・3%
4位・・・就活家族~きっと、うまくいく~ 9・7%
5位・・・スーパーサラリーマン左江内氏さえないーし 9・5%
6位・・・視覚探偵日暮旅人 9・2%
7位・・・カルテット 8・9%
8位・・・下克上受験 8・2%
9位・・・三匹のおっさん3~正義の味方、みたび!!~ 7・1%
10位・・・突然ですが、明日結婚します 6・6%
11位・・・嫌われる勇気 6・5%
12位・・・大貧乏 4・9%

2017年4月から放送が開始されているドラマの視聴率ランキングですが、この記事を書いている時点では、まだ全話放送されていませんので、ここまでのものをご紹介していきます。

1位・・・緊急取調室 平均視聴率13・9%
2位・・・小さな巨人 13・1%
3位・・・警視庁捜査一課長~ヒラから成り上がった最強の刑事~ 12・1%
4位・・・警視庁捜査一課9係 11・5%
5位・・・あなたのことはそれほど 10・8%
6位・・・CRISIS~公安起動捜査隊特捜班~ 10.6%
7位・・・ボク、運命の人です 9・5%
8位・・・母になる 9・1%
9位・・・貴族探偵 8・6%
10位・・・リバース 8・4%
11位・・・フランケンシュタインの恋 7・8%
12位・・・人は見た目が100パーセント 6・4%
13位・・・釣りバカ日誌 5・6%
14位・・・櫻子さんの足元には死体が埋まっている5・5%

夏に放送が決定している2017年のドラマもご紹介しておきましょう。

月曜日・・・コードブルーードクターヘリ緊急救命ー第3期(フジテレビ)
火曜日・・・僕達がやりました(フジテレビ)
      カンナさーん!(TBS)
      マジで航海してます(TBS)
水曜日・・・刑事7人3期(テレビ朝日)
      過保護のカホコ(日本テレビ)
      わにとかげぎす(TBS)
木曜日・・・遺留捜査 4期(テレビ朝日)
      黒革の手帖(テレビ朝日)
      セシルのもくろみ(フジテレビ)
      脳にスマホが埋められた!(日本テレビ)
      さぼりーマン甘太郎(テレビ東京)
金曜日・・・警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~2期(テレビ東京)
      ハロー張りネズミ(TBS)
      あいの結婚相談所(テレビ朝日)
      下北沢ダイハード(テレビ東京)
土曜日・・・悦っちゃん(NHK)
      ウチの夫は仕事ができない(日本テレビ)
      居酒屋ふじ(テレビ東京)
日曜日・・・ごめん、愛してる(TBS)
      警視庁いきもの係(フジテレビ)
      愛したって、秘密はある(日本テレビ)

様々なタイプのドラマが2017年夏に放送されるようです、こちらの視聴率ランキングはどうなるのでしょうか?

あなたは気になるドラマがありましたか?

個人的には、猫と暮らしているだけに「警視庁いきもの係」などが気になりました!

 

歴代のドラマ視聴率ランキング

ここからは、2017年までに放送されてきた歴代のドラマの視聴率ランキングをご紹介していきます!

1位・・・1983年 積木くずし TBS 43・5%
2位・・・1979年 水戸黄門第9部 TBS 43・7%
3位・・・2013年 半沢直樹 TBS 42・2%
4位・・・2000年 ビューティフルライフ TBS 41・3%
5位・・・1979年 熱中時代 日本テレビ 40・0%
5位・・・1979年 太陽にほえろ! 日本テレビ 40・0%
5位・・・2011年 家政婦のミタ 日本テレビ 40・0%
8位・・・1980年 3年B組金八先生第1シリーズ TBS 39・9%
9位・・・1993年 ひとつ屋根の下 フジテレビ 37・8%
10位・・・2003年 GOOD LUCK!! Tbs 37・6%

歴代のドラマの視聴率ランキングを見ると一目瞭然ですが、TBSと日本テレビが圧倒的に強い!

11位以下のランキングでは、フジテレビや日本テレビ、NHKなども追随してきていますが、歴代ドラマの10位までのランキングは、まさにほぼTBSの実力をどーんと見せられるような感じがしますが、あなたはどう思いますか?

歴代の最低視聴率ランキングは?

ここからは、歴代ドラマの中で残念ながら低視聴率だったというドラマのランキングをご紹介していきます!

視聴率2・8%(以下 視聴率と%省略)・・・HEAT(2010年7-9)
   3・0・・・夫のカノジョ(2013年10-12)
   3・1・・・家族のうた(2012年4-6)
   3・1・・・メッセージ(2003年1-3)
   3・1・・・ライオン先生(2003年10-12)
   3・3・・・戦う!書店ガール(2015年4-6)
   3・3・・・OUR HOUS(2016年4-6)
   3・4・・・家族の裏事情(2013年10-12)
   3・6・・・ひと夏のパパ(2003年7-9)
   3・7・・・あすなろ三三七拍子(2014年7-9)
   3・7・・・リスクの神様(2015年7-9)

一昔前は、ドラマの打ち切りなどはほとんど聞いたことが無い時代もあったのですが、近年、歴代のドラマを見ても、視聴率が低すぎて打ち切られるものも多くなってしまいました。

時代の流れと、興味対象の分散化、人の感心が多様化していることなどが背景にあると考えられますが、もう一時代を築き上げるようなみなが好むようなドラマというものは生まれにくい土壌でもあるのかなと思いますが、あなたは今後、世代を超えて大爆発する視聴率が高いドラマが生まれる可能性があると考えますか?

komichiのおすすめドラマ一覧

ここからは、komichiのおすすめドラマ一覧ですが、個人的な偏りがあることはご了承いただいてうえでご覧ください!

1981年~1992年にかけて放送された歴代ドラマで、子供心に「面白い」と思った作品は「意地悪ばあさん」です。

後に東京都知事となった青島幸男氏が、意地悪ばあさんに扮してドラマを盛り上げました!

歴代の視聴率ランキングでは、46位で、視聴率は29・9%でした。

夫に先立たれた波多野たつは、長男の平四郎を立派に育てあげ、大学まで出したことが自慢でしたが、息子は頼りなく、嫁の尻にしかれっぱなしなので、孫のよしおと手を組んで、さまざまな意地悪をするのです!

1992年に放送されたドラマ「愛という名のもとに」、こちらは主題歌を浜田省吾が歌い、出演者は鈴木保奈美、唐沢寿明、江口洋介などでした。

恋愛ドラマが多い時代でもあった中、もちろん恋愛も絡んではいましたが、なかなか考えさせられる内容でしたのでよく覚えています!

この時代の世相を表していて、フィリピーナのジャパゆきさん、学歴社会、ダイヤルQ2なども登場、なんとこのドラマは、木曜日に放送されていたのですが、最終回の視聴率が32・6%、木曜劇場の全作品の中で歴代1位の記録となったのです!

あらすじですが、簡単に説明すると大学時代ボート部だった男女7人の仲間が、卒業した3年後にボート部の恩師の葬儀で再会、それぞれが現在抱えている問題が見え隠れし、さまざまな出来事が起こる中で前を向いて生きていこうとする若者たちを描いた社会派ドラマです!

同じ年にドラマ化された「素顔のままで」も、komichiおすすめのドラマになります。

御存知の通り、熱狂的なファンを根強く持つ歌手の中森明菜と、女優として人気の高い安田成美が出演したことで反響があったドラマで、歴代の中でも、お気に入りの視聴率も高いドラマでした。

米米CLUBが歌う主題歌「君がいるだけで」も良かったです!

こちらのドラマも、歴代の中でも高い視聴率を叩き出しました、最終回は31・9%でトレンディドラマの代表的な作品でもあります!

あらすじは、対称的な女性二人が同居を通して影響しあっていく姿&恋愛模様も交えた内容です!

以外なところで、人間模様がかなり面白いと思ったものに、1996年~放送が開始された歴代ドラマで、こちらも視聴率がランキング上位になるほど人気作品だった「渡る世間は鬼ばかり(第3シリーズ)」です!

こちらは、個人的にはありえない家庭模様ですが、客観的に見ている分には、なかなか人間模様が面白いと感じました。

あらすじですが、中華料理店「幸楽」に嫁いだ五月(泉ピン子)の元に、小姑の邦子(東てる美)が子供を連れて出戻り、忍耐の日々を送るという内容です。

2017年現在、結婚する男女自体が少なくなってしまっている現状を考えると、一昔前の女性は忍耐をすることが当たり前だったのですから、驚くばかりです!

1999年第3シリーズが放送された「古畑任三郎」、田村正和と、西村雅彦のコンビが非常に凸凹で、個人的には面白かった記憶が強いドラマです。

歴代の中で視聴率ランキングは57位、最高視聴率は28・3%でした!

2000年に放送されたドラマ「やまとなでしこ」、こちらは松嶋菜々子が主演し、客室乗務員で、愛よりもお金を信じる女性を好感度高く演じて話題となりました!

Misiaの歌った主題歌「Everything」も大ヒットしました!

最後の場面が個人的にはお気に入りですが、あなたはこのドラマを見ましたか?

歴代のドラマ視聴率ランキングでは22位で、最高視聴率は34・2%でした。

合コンばかりを繰り返し、中原欧介という病院の御曹司と出会ったのですが、実はこの男性は借金だらけの魚屋を経営する、元はマサチューセッツ工科大学に留学をして挫折した経験を持っている男性です。

そんな背景を偽って桜子(松嶋菜々子)と付き合い始めるという内容です。

2011年に放送された「JIN~仁~」も個人的にはおすすめの歴代ドラマの一つです!

現代の医師が、もし幕末にタイムトリップしたらどうなるかという興味深い内容のドラマで、視聴率ランキングでは89位、最高視聴率は26・1%でした。

他にも、おすすめドラマはありますが、これくらいにしておきます。

あなたのお気に入り、もしくは知らなかったものなどがあったでしょうか?

2017年現在では、また新たなストーリー展開のドラマなども作られていて、歴代の記録を塗り替える作品が生まれてくるかもしれません。

ただ、近年のドラマの視聴率を見ていると、一時期の勢いはないので、興味の分散化も広がっていますから、マニアックに好みが分かれているのもまた面白い現象だと個人的には思います!

そして、2017年現在、ドラマ「昼顔」が映画になったり、波留が出演している「あなたのことはそれほど」など、不倫を描いたドラマが賛否両論を巻き起こし、時代の流れを変えていっているように見えます。

常識や道徳を振りかざして生きる姿勢が問われている面も出てきました、どんな世界観が広がっていくのか、個人的には楽しみです!

良い、悪いを超えて、見たことがない、新しい創造をして生きていけると楽しそうです!

100人いれば、考え方や価値観は100通りあります、あなたの感じることと、他の人の感じることは違って当然、だからこそ面白い時代の到来だと、胸がワクワクしますね!

今回は、[最新]2017年のドラマ視聴率ランキング一覧をお届けしました!