かわいい悠仁さまの補聴器は発達障害が原因?現在は?

芸能ブログライターのkomichiです。

今回は、現在話題となっている「かわいい悠仁さまの補聴器は発達障害が原因?現在は?」です。

生まれたときは日本中で安堵感があったのではと思われる悠仁さま、2016年のお誕生日には10歳になられ、成長が楽しみだと感じている方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、かわいい悠仁さまに補聴器が付けられている、それは発達障害が原因になっていて現在はどうなっているのかといった情報を中心にまとめていきながら、今はどうなっているのか見ていきましょう。

かわいい悠仁さまの補聴器は発達障害が原因?

悠仁さまのかわいい笑顔

まずは、かわいい悠仁さまのプロフィールなどをご紹介していきます!

ご存知の通り日本の皇族で、秋篠宮家の長男として誕生しました!

秋篠宮文仁親王と、同妃紀子さまの間に生まれた3人目のお子様で、姉には眞子内親王、佳子内親王がいます。

日本の皇族としては初めての、帝王切開での誕生となったという悠仁さまは、皇室の中で40年9ヶ月ぶりの男子の誕生としてお祝いを受けたのです。

お名前の由来は、ゆったりとした気持ちで、長く久しく人生を歩んでいくことを願ってという意味が込められています!

ご家族からは「ゆうゆう」という愛称で呼ばれていて、お印は高野槇、これは常緑高木になり、日本では福島県~九州の産地に野生しています。

かわいい悠仁さまのお印にこの植物が選ばれた理由は、大きくまっすぐに育って欲しいという願いが込められたからです。

すくすくと育ち、もう9歳になった悠仁さまは、誕生される前年などには、皇族の男子が不足していることが問題となっていて生まれたときには、各地で奉祝されるほど望まれていた存在でもありました。

愛育病院から退院にしたときには、なんと赤坂御用地までの沿道には、1800人もの人々が並び、かわいい悠仁さまの誕生を喜んでくれたのです!

母の秋篠宮紀子さまが研究を行っていた大学であるという理由から、お茶の水女子大学附属幼稚園に入園したことで話題となりました!

2011年の春には、着袴の儀が予定されていたのですが、この年に東日本大震災が起こったことで、同年の11月3日に延期されました。

着袴の儀とは数え年で5歳になった子に、賜剣の儀のときに贈られた袴を着るという儀式です。

悠仁さまは、2013年にお茶の水女子大学付属小学校へ入学、皇族が学習院初等科以外の小学校へ入学することは初めてということで話題となりました!

学習院初等科に入学すれば、あとはエスカレーター式に大学まで進学が出来るのですが、どうやら紀子さまは、かわいい悠仁さまを東大へ進学をさせたいという強い希望を持っていらっしゃるようで、これが実現すれば、皇族初の東大生が誕生することになるのです!

実は、秋篠宮文仁親王は、東大の総合研究博物館の特紹研究員をされているので、この関係で、月に1~2回ほど東大にお出かけになられます。

さらに、悠仁さまの姉の眞子内親王は、2016年に入ってから東大のインターメディアテクの客員研究員に就任しています。

これだけではなく、紀子さまの弟が、東京農業大学で獣医学を教えていらっしゃいますが、研究をするために、東大の農業生命科学研究科に進んだという理由などもあり、元々大の動物好きとして知られているかわいい悠仁さまは、動物の話をこの叔父から聞かされることがあり、興味深く現場を知る人から話を聞くことなども影響して、紀子さまが東大の理Ⅱ(農学部)に進学をと願っていると言われています。

2016年現在、皇族の姫君である愛子さまも、獣医になりたいという希望を持っていると言われています。

どうやら今後の日本の方向性としては、いきものと人間との愛のある共存という形になっていく感じがしますが、個人的には素晴らしい世界観だと思います。

ただ、東大受験は、一般の大変優秀な人物でも入学するのはなかなか大変だと言われています。

そんな中、皇族である悠仁さまが受験して不合格になった場合、なんとも印象が悪いのではといった心配が、現在9歳の悠仁さまのまわりでされているようですが、気が早い話に、なんとも驚きます!

今後どうなるのかは成長とともに情報が出てくるとは思いますが、まずは補聴器が付けられているという情報をご紹介していきます!

実は悠仁さまが小学校1年生のときに撮影されたこちらの写真が、補聴器が付いていると話題になったことや、次の理由から発達障害の疑いが根強くネット上でも囁かれているのです!

悠仁さまの補聴器は本当?

● 1歳になっても独り立ちが出来ない
● 喋れない
● お手振りが出来ない

なんでもおっとりとした性格をしていて、自分から積極的に周囲の子供たちに話しかけることはないと言われているかわいい悠仁さまに、このような噂があり、これらのことから、発達障害ではないのか?

その原因は一体なんなのか?

などといった話が飛び交っているのです!

発達障害とは、先天的な脳の障害で、成長するに従って、次のような症状が現れるのが特徴になります。

● 注意欠陥・多動性障害
● 高機能自閉症
● 学習障害
● 広汎性発達障害

広汎性発達障害のなかに、高機能自閉症やアスペルガー症候群などが入っていて、成長する中でそれぞれの特徴のある症状を出すのが発達障害になります。

生まれた時からの脳の障害になるので、成長した環境や親の躾などは関係ないのです。

そして、本人の努力不足などといったものも関係していないので、ここは誤解のないように発達障害を理解していただければと思います。

成長する中で本人がかなり生きづらさを感じてしまうので、周囲が理解をしてあげないと、二次障害を引き起こす可能性もあります。

例えばうつ病やパニック障害を発症したり、自分のことを受け入れられなくて苦しんだりする場合もあります。

かわいい悠仁さまが疑われている、原因は脳の生まれつきの障害である発達障害は、同じ障害を持っている人同士でも現れる症状が違うこともあります。

個人差がとても大きいのも特徴のひとつとなっています。

注意欠陥・多動性障害は、発達した年齢にそぐわない多動や衝動性、そして不注意などの症状が7歳頃までに現れます。

学童期の子供のなかに、3~7%存在し、女性より男性のほうが数倍多いと考えられています。

高機能自閉症は、1歳頃から現れ始め、人の目を見ない、指差しをしない、他の子供に関心を示さないなどの症状を見られます。

発達障害の中の学習障害は、全般的な知的発達に問題はないのですが、特定のこと、例えば読み書き、計算などが出来ないといった障害になります。

読みが困難な状態なのは男性に多いと考えられています。

このように、原因ははっきりとしているのですが、現在社会的に知られるようになり、対応がされている発達障害は、適切な支援をされる現実が広がってはいます。

周囲が理解を示してあげないと、本人の自尊心が損なわれてしまいますので、非常にナーバスな問題でもある面があります。

そして、悠仁さまが補聴器を付けていたということで、発達障害ではといった見解が広がっているだけでなく、どうやら聴覚障害を持っているのではといった疑いもあるのです。

なんでも悠仁さまの状態を確認するために、次の専門家がやってきたということで、発達障害説が根強くあるのです。

福井大学の元准教授で小児科医の竹内恵子先生が、悠仁さまの運動会のときにやってきたというのです。

この方は、言語聴覚士、発達心理士、そして特別支援教育の専門の先生なので、発達障害が関係しているため補聴器を付けているのではといった噂が根強いのです。

これらの理由から、聴覚処理障害を疑われているため、発達障害でもあるのではと憶測が広まっているのです。

聴覚処理障害とは次のような症状を伴うものになります。

聴覚自体に問題はありませんが、言葉を処理する段階での障害になり、分かりやすく言うと聞こえているのに分からないという状態です。

教室などの騒音がある場所に居ると、とたんに聞こえなくなるという症状です。

近くで犬が吠えていたとします、この鳴き声は聞こえているのですが、それが一体なんの声なのかがわからないのです。

猫なのか、鳥なのかわからないのです。

知能は正常なのですが、何を言っているのかわからないという特徴を持っています。

一言で聴覚処理障害といってもタイプがいろいろとあり、子供の場合はこれが原因で言葉の発達が遅れる場合があり、国語や英語などの学習が苦手で、学習面での困難さに繋がるため、発達障害の中の学習障害に分類されることもあります。

原因はタイプによって異なり、聴覚経路の機能的障害だったり、外部損傷や、脳梗塞などが原因になる場合もあります。

現在、次のような症状が見られる場合、発達障害も関係する可能性が指摘されている聴覚処理障害の疑いがあると考えられます。

● 雑音下での聞き取りが難しい
● 聞き返しが多い
● 言われた言葉をしばしば誤解する
● 音声指示に従うのが困難
● 聴覚的注意の欠如
● 聴覚の刺激に対して的はずれな対応をする
● 要求されたことに対して、たえず確認をする
● 言語指示の反応が遅れる
● 聴覚経由での学習が困難
● 理解語弊、表現語弊が少ない
● 読みや書字、学習において問題がある
● 聴覚的記憶力が弱い

およそ2~3%子供にこの症状が見られると考えられていて、言語聴覚士の検査を受けることが重要なポイントなります。

竹内恵子先生はこの資格を持っていますので、かわいい悠仁さまが、以前補聴器を使っていて、発達障害ではないかという疑いの信ぴょう性が高まっています。

ただ、運動会などでかけっこをするときにピストル音がしますが、これを聞き分けている様子が分かるので、それほど深刻なものではないのではという見方もされています。

2016年現在の悠仁さま

天皇陛下が生前退位をしたいとの意向を発表した2016年現在、かわいい悠仁さまは一体何をやっていらっしゃるのでしょうか?

非常に天皇陛下から行く末を案じられている言われていて、帝王教育について、悠仁さまを気にかけるご様子が伺えるといわれています。

そんな2016年現在の悠仁さまは、小学校4年生となり、今年の5月21日には、通っているお茶の水女子大学付属小学校の運動会に出場するなど、元気な様子を見せているようです。

今年は秋篠宮文仁親王は公務のため観戦出来ませんでしが、この日は母の紀子さまと姉の眞子さまが応援をしていました。

夏休みには、新潟に滞在し、津南町にある「農と縄文の体験実習館なじょもん」を訪れて、修復された本物の土器を触ったり、竪穴住居に入ったりと、楽しい経験をされていたようです!

まだまだあどけなさが残る小学校4年生のかわいい悠仁さまは、今年は数日間新潟県に滞在して自然を楽しみながら夏休みを過ごされていたようです。

現在は、特に補聴器を付けているといった情報は出ていませんし、発達障害の話は疑いのままで、宮内庁が発表した情報ではありませんから、本当のことは分からない状態ですが、学校では同級生たちから「ひさひと~」と呼ばれて親しまれているようです。

さらに、女子生徒からも熱い視線が注がれているようで、将来お妃になりたいと考える女子から、近づいてこられているという情報も出ています。

9歳になった悠仁さま

しかも以前は皇室に嫁ぐのは、旧皇族や元華族などから選ばれるのが普通だったのが、初めて民間から嫁がれた美智子様の後からは、紀子さまや雅子さまのように、民間からやはり皇族になる女性が増えたことで、一般の人たちにも、そういった道が切り開かれ、夢を見ることやこのような話題で親同士が盛り上がることが出来るようになったため、お妃様を目指す女子がいるというのです。

2016年現在で10歳になるかわいい悠仁さまが結婚されるのはまだ10~15年はかかるでしょうから、なんとも気の早い話ですが、自分のクラスに将来天皇陛下になる皇位継承権を持った男子がいれば、確かにこのようなあこがれを抱くのも当然ではあります。

英国のキャサリン妃も、ウィリアム王子とは学生時代の同級生で、お姫様になれたのですから、希望がないわけではありません。

子供たちがこのような話でもちきりになるため、悠仁さまのお妃様にうちの子がなれるのではと考える親御さんもいるらしいのです。

現在子供らしいかわいい顔立ちから、どんどん成長中の悠仁さまは、きりりとした顔立ちになってきているとも言われています。

すくすく育ち、学業やその他気になることに精一杯関わりチャレンジをしながら、大きく育っていただければと思います。

悠仁さまのお誕生日はいつ?

悠仁さまは誕生日に陛下に挨拶に!
皇太子さまの元には、女子の愛子さましか誕生しなかったことで、皇室の跡取り問題が勃発していた頃、念願の男児が誕生し話題となりましたが、悠仁さまのお誕生日は一体いつだったのでしょうか?

2006年9月6日生まれですから、2000年の21世紀に入ってから誕生したのです!

毎年お誕生日には、天皇陛下へのご挨拶をされるそうですが、9歳の誕生日だった去年は、戦争の体験談などを天皇陛下から聞いたり、沖縄戦の慰霊の集まりに参加したりと、歴史や世の中のことについて理解を深めているようです。

今年の誕生日は一体どんな様子を見せるのか、楽しみにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

誕生を喜ばれてから、あっという間に10年の月日が経ってしまいましたが、今後お茶の水女子大学付属小学校の同級生の女子がお妃様になる日がやってくるのかどうか、それは誰にも分かりません。

komichiの意見

補聴器を付けていたということや、言語聴覚士の専門家がかわいい悠仁さまに会いにやってきていたという話から、発達障害があるのではといった見方もされているのですが、ここからはkomichiの見解を書いていきたいと思います。

客観的に見ていても、性格はかなりおっとりとしているのではないかと考えられるのですが、個人的には発達障害だとか補聴器が見えたからなんらかの障害があるのではといった見方は、あくまでも憶測の域を出ていないのかなと感じられます。

正式発表もされていませんし、最近補聴器している様子は見られないようですし、友人たちとも仲良く遊んでいるそうですから、特に問題があるとは思えません。

クラスメイトと合唱する悠仁さま

そして、仮に発達障害を持っていたとしても、2016現在では、原因は分かっていてこのような方たちへの配慮もされていますから、それほど心配することもないのではと考えられます。

世界中の偉人と呼ばれる方たちの中には、当時は理解されなかった、発達障害の症状を持っていた人も多く、実はこれが才能に繋がっている可能性も指摘されていますから、将来の天皇陛下になる悠仁さまも、なんらかの素敵な才能を秘めているのではないかと考えれば、特に問題はないのかなといった見解になります。

現在放課後には友人たちと虫取りをしたり、取った虫を観察したら元に場所に戻すように心がけているようですし、昆虫に関心を持っていたりと、子供らしい様子を見せているようですから、特に困ったことにはなっていないと考えられます。

このように成長に特に問題があるとは考えられません、補聴器が見られたのも過去の話になりますから、今後の成長が楽しみではあります。

komichiの見解としては、そっと見守っていきたいなと考えています。

愛子さまにも発達障害の疑いがありますが、現在知的障害を含まないアスペルガー症候群や自閉症の仲間を大きな集合体でとらえた場合、グレーゾーンも含めると、人口の10人に1人はこの症状を出す発達障害であると言われているデータがあります。

身近なものではありますから、可能性があるとしても、それは才能を開花させるための特徴にもなりますから、深刻に難しく考えず、成り行きを見守っていければと思ってます。

現在大人の発達障が問題になっていますが、まだまだ9歳の悠仁さまが成長されるプロセスの中で医学も発達していくでしょうから、もし仮にそうであった場合、なんらかの対策はどんどん出てくるとは思います。

今回は、「かわいい悠仁さまの補聴器は発達障害が原因?現在は?」をお届けしました!