天皇家・皇室の秘密と16のタブー

芸能ブログライターのkomichiです。

今回は、現在話題となっている「天皇家・皇室の秘密と16のタブー」です。

2017年3月に、皇太子様の愛娘の愛子さまが中等科を卒業され、増々女らしくなっています!

今回の記事では、これまでまことしやかに囁かれてきた、気になる人にとってはもうどうしても気になる天皇家や皇室にまつわる秘密やタブーについてまとめていきます!

天皇家・皇室の秘密

まずは皇室とは一体何かといった情報を、ご存知だと思いますが改めてシェアしていきたいと思います。

皇室とは天皇や皇族を総称した一つの家と考えられていますが、実はこの中でも天皇は別格の存在なので、実は皇族に含まれていません!

ただ一人別格の存在が天皇になります。

皇族は、太皇太后(天皇の祖母)、皇太后(天皇の母)、皇后(天皇の妻)、皇太子、皇太子妃、親王、新王妃、内親王、王、王妃、女王から構成されています。

そして、天皇家のトップである天皇は、日本の歴代君主の称号で、もともと中国の言葉で「万物を支配する皇帝」という意味を持っています。

天皇

天皇家や皇室にはどんな秘密が隠されているのか、ここからゆっくりと紐解いていきましょう!

● 2017年現在の今生天皇は、白川家によって行われる祝(ハリフ)の神事による秘技や奥義を拝受&体得していないため、天皇という肩書はあるけれど、神事による面から見ると、天皇ではなく、最後にこれを受けたのは明治天皇だった
● 白川家の神道では、祝の神事を受けていない天皇が3代続くと4代目で天皇や皇室などの制度は終わってしまうと伝えられている
● 天皇と天皇陛下は別物で、天皇は神、陛下は階段の下を意味していて、天皇陛下とは、神の住む階段の下に従えている者であり、預言者なので、神様の声を聞いて下々のものへ伝える役割を持っている人である
● 日本の戦争放棄とは、天皇を戦争責任追及から守るための憲法上の大事な取り決め
● 明治天皇は、山口県布施町の被差別部落出身だった、故橋本龍太郎の祖母の、大室米の父、大室庄吉の兄の大室寅之祐(これについては後ほど詳しく情報をシェアしています)
● 昭和天皇は若い頃から宮中の書斎にナポレオンの胸像を飾っていて、彼の作った軍隊は安上がりの徴集兵だったことから、日本の軍隊も愛国心のある兵隊の群れに作り上げた
● ナポレオンを崇拝していた昭和天皇は、真珠湾攻撃をするとき彼に習って大戦争を仕掛けるという火遊びをやり、これが成功したという知らせを聞いて狂気乱舞した
● 終戦の玉音放送が流れた後、侍従が天皇の書斎を訪れたら、ナポレオンの胸像がなくなっていて、代わりにダーウィンとリンカーンの銅像が置いてあり、マッカーサがやってきたときに、アメリカの受けを狙って、リンカーンを崇拝していて、自分は生物学を専攻していて政治に無関心であり、戦争責任を隠す目的だった
● 戦後戦争責任から逃れるための工作として、昭和天皇は上流階級の女性をアメリカ側に提供、マッカーサには、女優の原節子を提供したという噂は、当時から根強くあった
● 実は、天皇家のトップである天皇は昭和の戦争に深く関与していて、責任はかなり大きいと考えられている
● 天皇家、皇室の総資産は、一般的には戦前の金額で16億円といわれていますが、実際には天文学的な数字だといわれています(昭和16年当時の1万円は現在の2700万円)
● 戦後に天皇が、皇室の中で海洋生物の研究家になった理由は、アメリカ側などに対して、自分は専制君主ではなかったというポーズであり、戦争中の責任を隠すための方便

皇太子

ここからは、皇室の皇太子の秘密について情報をまとめてシェアしていきます!

● 人工膀胱を付けている
● 一般的には皇太子の身長は164cmと言われていますが、実際に会った人の印象によると、160cmもない低い身長で、さらに実際には156cmではないかとささやかれています
● ある賞などの授賞式に出席して、受賞者と話をするときは、決められた言葉を話すように決まっていて、受賞者にもその意図を伝えてそのように答えなさいと言われる
● 幼少時代から日本最高峰の書道家に指導を受けたはずなのに、大学の講義を写したノートの字は、見事にミミズ字だった
● 愛子さまが生まれる前に皇太子に会った人は、子供の話をするのはタブーだと教えられ、もししたなら、即退場させられると言われた
● 皇室で世継ぎとして育ったため、真面目で出来が良い
● 愛子さまが生まれる前に、皇太子の后である雅子さまが流産しましたが、これは流産ではなく、授かった胎児に知的障害か、体に障害があったため秘密裏に人工中絶したのではないかという噂
● 弟の秋篠宮とはあまり仲が良くなく、家族行事にもほとんど参加しない
● 弟との待遇がかなり違い、優遇されていて、17部屋もある家に住んでいる
● 内廷費として年間3億2400万円も支給されている
● 皇太子一家を世話する職員の数は51人いる
● 独身の頃、歌手で女優の柏原芳恵の大ファンで、コンサートにも出かけたり、イギリス留学をしていたときに住んでいた部屋にはポスターが貼ってあった
● デヴィ夫人が、2011年11月に自身のサイトで、「皇太子位を秋篠宮様に移譲することを求める嘆願書」への署名活動を実施していた
● 子供の頃、食べ物の好き嫌いが多かったのですが、母親の美智子様が、将来国賓として海外に出なければならなくなったときに、出てきたものに好き嫌いを言うことがないように、わざと嫌いな食事を出し、それを食べ終わるまで外に出さないという躾をやり、ときに涙を流しながら口に入れ、好き嫌いを克服した
● 非常に勉強家で、その中でも歴代の天皇についての事績に関して非常によく知っている
● 自分が勉強していて疑問があると、外から専門の学者を招いてご進講を受けることも珍しくない

これらが、皇室で皇太子として暮らしている方の秘密になります!

とにかく、身長が非常に低いという話で、会ったことがある方は「ちっちゃ」と感じるそうです。

秋篠宮家


秋篠宮家の秘密について、ここからは情報をシェアしていきたいと思います。

これはよく知られている情報になるようですが、実は秋篠宮様は、美智子妃殿下の産んだ息子ではないというのです!

この噂の根拠は次のようなエピソードになるようです!

● 美智子様が皇太子を出産された後に妊娠したのですが、それは胞状奇胎(ぶどうっこ)妊娠だった、これは将来まれに肺がんに推移してしまうので、将来の皇后になられる方にもしものことがあってはいけないということで、子宮を取ったから
● 秋篠宮様が生まれたとき、一度もマスコミや周囲の人が、美智子様が妊婦姿だったのを見ていないので天皇と女官の子供だという噂

他には、美智子妃殿下が産んだのだけれど、実は天皇の子供ではないという噂もあり、この情報の出処は、天皇家一族の護衛をする皇室警察です。

酒を飲んだ席で、同期生が集まれば、「ここだけの話、お前知っているか、秋篠宮が天皇の実の子供ではないという話を・・・」という噂話で持ちきりになったんだとか!

その秘密の出処には、次のような根拠があると言われています!

● 平民の世界から皇室に嫁いだ美智子様は、生粋の貴種であるその前の昭和天皇の后や后の取り巻きから非常に陰湿ないじめを受け、心に大きなダメージを負い、一人で那須の御用邸で静養生活を送っていたときに、警護を担当していたのが、若い皇室の警察官の男性で、深く同情していた気持ちがそのうち恋心に変化していき、二人は恋に落ちたのですが、その後皇太子とは交渉などしていなかったのに美智子様が懐妊したというニュースが流れ、この恋の情報は宮内庁にも届いていたのですが、懐妊を止める手立てがなく、結局秋篠宮様が生まれてきたので、3人兄弟の中で、彼だけが体型や顔立ちがまったく違う

この秘密はかなり広まっています、兄の皇太子は非常にまじめで出来が良かったといいますが、このような背景があるため、秋篠宮様は非常に出来が悪く、さらに学習院大学時代の試験のとき、あまりにも出来が悪いので、秋篠宮の取れた点数のラインが落第ラインだったため、誰も落第者にならなかったという秘密も出回っています!

他には、皇族の一人である秋篠宮様には、次のような秘密があると言われています。

● 学生時代はプレイボーイで不良だった
● 美智子様との親子関係はあまり良好ではなかった
● 兄の皇太子とも良い関係ではない
● 年間のプライベートマネーは5490万円で、さらに住んでいる家は皇太子が17部屋あるのに対して8部屋で、世話をしてくれる職員は9人
● 光熱費は皇太子が無料なのに対して、秋篠宮家は実費
● 皇太子の20倍は働いている
● 非常に繁殖力の高い人物
● 国産の車を嫌がって、ベンツに乗っている

これらが、天皇家&皇室に属している秋篠宮様の秘密になります!

天皇家・皇室の つのタブー

それでは、ここからは天皇家や皇室の秘密ではなく、タブーについての情報をまとめてシェアします。

ところで、タブーとは一体どういう意味なのでしょうか?

まずは改めてこのタブーという言葉の意味について理解をしていきましょう!

触れたり、口に出してはいけないとされているもの、なにをしていいのか、ならないのかといった決まりごとです。

ということで、皇室&天皇家などのタブーに迫ります!

天皇

まずは、今生天皇のタブーについてまとめていきます!

あくまでも、噂の範囲のタブーですので、真実かどうかは分からない面もあるようですので、そのことはご理解頂いたうえで記事を読み進めてください。

実は、天皇家や皇室は大変なお金持ちだと言われています!

ですが、封建時代の末期の慶応3年ごろは、出入りの豆腐屋に支払いを待ってもらうほど貧乏だったんだとか!

当時は全資産の現金評価金額が、10万2268円だったと言われています。

その後、明治時代に入り、伊藤博文などが天皇家に経済力などの力をつけ、その力を利用して日本を資本主義へと発展させようと考え、この時代から急激に資産が増えていきます!

明治維新で大名から取り上げた資産を天皇へ渡していき、資産を増やしていったのですが、これは憲法が制定されて国会が開設されてからではやりにくくなると考え、その前に駆け込みで行ったのです。

日本がアジア侵略をしたときには、雪だるま式に資産は増えていき、1917年にロシア革命でロシアの皇帝が倒されたときには、経済学者の報告では天皇家が世界一の大富豪になったと言われています。

その後天皇家は日清戦争に勝ち、賠償金から2千万円を手に入れ、植民地にした台湾の産業であった「台湾製糖」の第2位の株主となり、配当金100%を20年後に手に入れました。

日露戦争の後に植民地にした朝鮮に、京釜鉄道を作って鉄道を張り巡らし、ここの会社の上位株主となり持ち株は5000、ちなみに三菱財閥を作った岩崎弥太郎の子孫の、岩崎久弥は1000、渋沢栄一も1000株保有していたといいます!

1949年に、天皇家が所有していた株数はなんと993103です!

しかも、天皇家や皇室などが保有していた株の会社は、侵略戦争に関わっていた企業や、戦争で勝ち取った植民地支配関連会社になります。

1945年に日本が敗戦した時点で天皇家や皇室が持っていた全財産は、米国が調査した結果、日本の国土面積10%、全財産の現金評価金額は660億円だったんだとか!

日本が侵略戦争して植民地を拡大していけば、確実に天皇家や皇室が潤うという状況だったというわけです。

戦後、GHQによって財産税31億4268円が課税されたので、そのほとんどを物納し残った資産は1500万円、このお金は、昭和天皇が亡くなったときには20億円に膨れ上がっていました!

その後、経済発展をしていった現在の日本の資本主義の仕組みは、国民のお金が皇室に集まるような仕組みへと変化していったのです。

他にも、天皇家や皇室のタブー話はあります。

実は、天皇は、福沢諭吉と、イギリスの銀行のシャーデンマンセンと話し合い、日本人女性を海外へ売春婦として販売することを決定、貧しい農村の娘には「海外で豊かな生活が出来る」と話し、良家の娘には「洋裁学校を紹介します」と話し、天皇と三菱財閥が経営していた船会社である「日本郵船」が、女性たちを海外へ運んだというタブーな噂もあります。

この時代に海外へと希望を持って旅立った女性は、50万人を超えていたといわれています。

次はこちらのタブー話をシェアしていきます。

天皇家は明治維新で富国強兵の道を歩み始めた日本で、海外からどんどん武器を購入しますが、支払う資金がありませんでした。

そこで、福沢諭吉が次のような提案を天皇にしました。

「売春婦として日本人女性を海外に輸出、売却をし、兵器購入資金を作る」

1900年初頭から、天皇の命令で、海外へ行けば良い仕事があり豊かになれるという宣伝が日本全国で行われ、その言葉を信じた若い女性が海外へと旅立っていきました。

女性一人あたり数千円、当時の会社員の10数年ぶりの給与の金額が支払われたのです。

これらの資金は戦争の武器を購入するために使われたのですが、ほとんどが天皇家や皇室の資産となったのです!

日本が敗戦した後、皇室や天皇家はこの財産をアメリカに取られることを恐れ、海外へ蓄財を逃しました。

マーク・ゲインというアメリカのジャーナリストはこの問題を調査し、天皇家や皇室が海外へ逃した資産は累計5~10億ドルにのぼると「ニッポン日記」に書き記しています。

2017年3月26日現在、1ドルは111・37になりますが、仮に115円として、10億ドルは日本円にして1150億円!

広島や長崎に原爆が落とされて、どう国を再生させるかを考えなければならない時期にも、天皇や皇室は、自分たちの財産を海外へ数百回も送金したり、貴重な船舶を独占し、金塊をスイスやアルゼンチンへと運びました。

この様子を見ていたアメリカ人ジャーナリストのマイング・ポールは、「従軍記者が見た昭和天皇」という書籍に、このタブー話を書き残しています。

まだまだ天皇家に関するタブー話はあります。

まずはこちらの家系図を御覧ください!

見ていただくとおわかりいただけるように、麻生太郎や安倍晋三は家系図の中に入っています!

さらに、日本の歴代の総理大臣は同じ家系図の中から輩出されているという面もあります。

皇室&天皇家のタブー話で、陰ながら語り継がれてきた話に、大正天皇は白痴だったという情報もあり、彼の知的障害は、明治天皇時代に行われていた近親相姦が原因だったと言われています。

これは、血縁のある公家などとの結婚だけを皇室が行ってきたことで、血が濃くなってしまったことが原因だったといわれているタブー話になります。

最後にもう一つ、今生天皇のタブー話になりますが、生前退位を表明したのですが、この理由は次のものだとまことしやかにささやかれています!

公務をやらない皇太子と皇太子妃を、自分が生きている間に退位してアドバイスをしながら訓練したいという話です。

皇太子

ここからは、皇太子のタブーについてまとめていきます!

実は、愛子さまは体外受精で生まれたお子様で、皇室の人たちは何度も近親相姦で結婚を繰り返したため、皇太子側に原因がある不妊症だと言われています。

そのため、かなりのタブー話になりますが、愛子さまは今生天皇と雅子様の間で体外受精で生まれたという説も・・・。

ちなみに、天皇の秘密のところで書いた美智子様が流産したときに胞状奇胎(ぶどうっこ)だったという話ですが、この原因はなんでも精子が原因になると言われています。

これらの情報が真実であるとしたら、天皇家や皇太子にとってはタブー話になります。

秋篠宮家

秋篠宮様の秘密の次は、タブーになりますが、出生の秘密よりもこちらの情報のほうがタブー度が高いかと思いますので、こちらでシェアしていきます。

● 紀子さまは結婚前に何度も中絶をさせられた
● 紀子さまと付き合っている間も、タイにいる女性に会いに行っていて、その女性も妊娠させ、中絶させたため、国レベルのトラブルに発展するところだった
● 紀子さまの父親の川嶋教授が、殿下の女性問題を問いただすために御所に怒鳴り込んだため、昭和天皇の喪が明けていないのに婚約をすることになった
● 紀子さまは母方に家柄が悪い鍼灸師がいたということで結婚にクレームが付いたのですが、なんでも秋篠宮様が大変なお熱で、結局結婚出来た
● 結婚前、宮内庁には性的交渉担当がいた

これらが、皇室や天皇などに関わる秘密やタブーになりますが、最後に、明治天皇はすり替えられたというタブー情報をまとめていきます!

実は、郷土史家の鬼塚英昭氏の「日本のいちばん醜い日」という書籍の中で、次のような主張があります。

「明治天皇はすり替えられた別人である」

この鬼塚英昭氏の主張は次のようなものです。

「幕末期に、明治維新の邪魔になるという理由で、長州藩によって光明天皇とその息子の睦仁親王が暗殺され、睦仁親王の代わりに明治天皇となったのは長州の田布施という集落出身の、南朝系の子孫大室寅之祐である」

他の書籍では、大正天皇には子種がなく、昭和天皇は実の子ではないといった自説を展開しています。

もしこれが真実なら、非常に大きなタブーになり、多布施という場所は、北朝鮮の被差別部落民にルーツがあると言われています!

明治天皇がすり替えられた別人であるという証拠となるのが、次のエピソードになります。

● 明治天皇は左利きで、当時はこれを良くないと受け止められていて、高貴な家で育った子供は必ず矯正されていたので左利きはおかしい
● 睦仁親王は虚弱体質で神経が細やかだっただけでなく、禁門の変が起こったときは恐怖のあまり失神しているのですが、即位した明治天皇は身長が180cmで体重90kgという堂々とした体格で、側近と相撲をとったときには相手を投げ飛ばしたほどの力を持っていた
● 明治天皇の側近だった田中光顕が、生前にこの話をしていて証言をした

このような証拠などがあるため、このタブー情報は、皇室や天皇関係の研究をしている人たちの間ではよく知られているそうです。

まとめ

これらが、知っている方も多い天皇家や皇室の秘密やタブーなります。

まさに古い時代の話も数多く入っていますから、真実は闇の中、もしくは藪の中状態ではありますが、中には信憑性の高いものもあるといわれています。

125代も続いているといわれれる天皇や皇室、時代の中で、不妊だった人も男女問わずいたでしょうし、近親相姦が原因で心身の健康に問題が出たというタブー話もあったりします、そんな長い歴史の中で現在のように不妊治療がなかったのですから、代わりの子供を調達するという方法が取られた可能性は否定出来ませんが、これはまさに皇室&天皇にとってタブー話で、仮にあったとしても秘密にしておきたい情報です、よっぽどのことがない限り、明らかになることはないのではないでしょうか?

何と言っても天皇は日本の国民の総意の象徴ですから、はっきりとさせることはないのではないでしょうか?

そして、今回記事の中で天皇家という言葉を使いましたが、基本的にこれは誤用で、一般家庭ではないので、この表現方法は間違いです。

今回は、天皇家や皇室の秘密やタブーについて情報をまとめていきました!